Category Archives: ●文化人 行きつけの店

林修 行きつけの店

 

・鮨 かじわら:東京都文京区根津

根津にある寿司の名店

 

 

林修は20年以上通い続けている

 

先代の店主に寿司の何たるものかを教えてもらったという

例えば、こはだ

締めたばかり、2日目、3日目と味が変わっていく

先代に「今日初日だよ。明日は味 変わるよ」

と言われ、翌日も訪れ、

「明日もっと濃くなるよ」と言われ、3日連続訪れたことも

 

客が手で食べるか、箸で食べるかを確認して2貫目から握りの強さを変えている (0)

スポンサード リンク

クリエイター:箭内道彦 行きつけの店

 

・だるまや:東京都港区南青山5-9-5

表参道駅から徒歩3分

行列ができる人気の中華そば屋

 

NO MUSIC, NO LIFEの海の親:箭内が

アイデアを発想する上で

一番多いシチュエーションが、食事している時

 

 

「野菜炒め」800円

このメニューを食べるともの凄い確率で、

すごい企画が出てくるという (3)

宮本亜門 行きつけの店

 

・風庵:沖縄県島尻郡八重瀬町友寄108

沖縄の古民家をそのまま使用した懐石料理店

 

 

店主は、陶芸家 大嶺實清の器を見せたくて料理を作っている

 

「島野菜寿司」

地元で採れたミミグイ(きくらげ)、クワンソウ、

ハンダマ、島らっきょう、黒ニンジンの握り

 

3日間かけて作る「炙りソーキ」

 

そして美しすぎる「如意(ルーイ)麺」 (15)

宮本亜門 行きつけの店

 

・俺のハンバーグ シュシュ渡辺:東京都渋谷区渋谷3-18-5

コンクールで外務大臣賞を受賞したフレンチシェフが、

提供する俺のハンバーグ

 

 

宮本が感動したのが「よくばり俺ハンサラダ」

わさび菜など鎌倉野菜をふんだんに使ったサラダ

野菜の下には、真鯛のカルパッチョが隠れされている

フレンチドレッシングには、隠し味でザーサイが入っている

 

「俺のハンバーグ」

牛と豚の合いびき肉を使用

ゆっくりと火を通すため2回に分けてオーブンで焼く

ソースモルネーとチーズを乗せてバーナーで焼き色をつけた一品

ハンバーグの中には、フォアグラが… (5)

高橋洋子 行きつけの店

 

・南国飯店:東京都世田谷区奥沢5-40-12

創業54年、自由が丘にある老舗中華料理店

 

本格的な上海料理が食べられる

 

高橋は、40年以上足しげく通っているという

 

 

お気に入りは「豚挽肉唐辛子そば」1100円

唐辛子で赤く染まったスープに

タケノコとニンニクたっぷりの肉味噌が盛られた一杯 (10)

スポンサード リンク