Category Archives: ●有名シェフ行きつけの店

栗原心平 オススメの店

 

・不動前 すし岩澤:東京都品川区西五反田5-6-11

不動前から徒歩5分、住宅街にある店

 

 

赤坂すし匠 齊藤で15年修業した店主が、2016年に独立

アンジャッシュ渡部も通っている

 

「こはだ」

季節や産地によって酢や塩を調節し、酸味が丸くなるまで馴染ませた一貫

「真鱈の白子」と寿司と温かいおつまみが交互に提供される

 

そして栗原心平が絶賛した「生イクラの軍艦」 (2)

スポンサード リンク

菰田欣也シェフ 行きつけの店

 

・丸八そば店:東京都品川区南品川5-11-42

 

その日の使う麺や餃子の皮など全て自家製

店主は、55年間ラーメン店で働き、

2017年4月にようやく夢だった店をオープンさせた

 

 

「ラーメン」650円

麺は、卵を入れ つるつる食感にした平打ち麺

醤油ベースに焦がしネギ油を加えたスープ (2)

オー・ギャマン・ド・トキオの木下威征シェフ オススメの店

 

・藤九郎屋:東京都新宿区神楽坂6-8

 

その日見つけた最高の食材を極力余分な味付けを排除し、

素材を最高に楽しめる料理を提供してくれる

 

 

「お通し 季節のおばんざい9種」

 

「毛ガニのコロッケ」2000円

蟹の身、蟹みそ、内子を混ぜ、

少なめのクリームソースを加え、成形し揚げた一品

ランチの人気は「海老野菜天丼と蕎麦セット」1000円 (0)

三國清三シェフ 行きつけの店

 

・瓢亭: 京都府京都市左京区南禅寺草川町35番地

創業450年、茶屋として開業した老舗懐石料理店

ミシュラン三ツ星に8年連続輝いている

 

 

「明石鯛へぎ造り」

重さ1.8~2.5㎏の飯の明石の鯛しか使用しない

 

 

400年続く秘伝の味「瓢亭玉子」

400年前に半熟卵をブームにした一品

一滴たらされる出汁が相伝されている (32)

三國清三シェフが週3で通う店

 

・神戸ごはん 田中屋:東京都港区赤坂6-10-39

 

店の内装は、店主がデザイン

店主は、神戸の人気割烹「花れんこん」などを

手掛けた料理人 兼 プロデューサー

 

通うきっかけは、脇屋友嗣シェフの勧め

さらに三國シェフと一緒に訪れた服部幸應もハマったという

 

「牛すじの醤油フォンデュ」

鹿児島産 黒毛和牛の牛すじを使用

溶き卵ダレにくぐらせていただく

 

 

三國シェフが〆で食べるのが「はまぐり焼きうどん」 (93)

スポンサード リンク