Tag Archives: マイケル富岡

マイケル富岡がデートで使う店

 

・SMOKE BAR AND GRILL

住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 4F

 

しっとりとした大人の雰囲気が漂う空間

 

テラスからの表参道の夜景が抜群

 

 

「軽く燻された白金豚のスペアリブの炙り焼き 男性的なマリネで」2400円

 

「3分間スモークした完熟トマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ」1100円 (137)

スポンサード リンク

マイケル富岡がデートで使う店

 

・アロハアミーゴ:東京都渋谷区神宮前5-16-13

本場ハワイ料理が頂けるカフェ

開放感のあるオープンエアなテラス席がオシャレ

 

 

「オリジナルロコモコ」1058円

石鍋を熱して、玄米ご飯を盛り、

ハワイサイズのハンバーグと目玉焼きを鉄板で焼き上げ、

豆苗、ニンジンで彩り、

グレイベーソースとデミグラスソースをかけた一品

 

「テキーラ・ライム・チキンウイング」734円

アルコール40度のメキシコ産テキーラを手羽にかけ、

揉み込んで半日以上寝かせる

200度の油で揚げた後、テキーラをスプレーして風味づけ

10種類のスパイスを絡めた一品

サワークリームにつけて頂く

 

「ノースショア・ガーリック・シュリンプ」961円

 

「ベリーボウル」730円 (117)

●多くの著名人が愛するビーフシチュー

 

・スコット本館:静岡県熱海市渚町10−13

昭和21年創業の老舗洋食店

 

志賀直哉はじめ、様々な文豪から愛され、

いまも王貞治、長嶋茂雄、細川護熙、村上龍、

藤岡弘、マイケル富岡、江原啓之など 多くの著名人が足繁く通っている

 

「ビーフシチュー」2916円

人参、セロリなど様々な野菜を

炒めては煮込むという作業を1週間 繰り返し作るデミグラス

そこに国産の牛バラ肉を加え、さらに6時間煮込む

創業当時から試行錯誤を重ねてきた至極の一品

 

「ビーフストロガノフ」3240円

A4ランク以上の国産牛ヒレ肉を使用

サッと焼いたヒレ肉にデミグラス、生クリーム、レモン汁を絡める

 

「ハンバーグ」1620円 (590)

ヒルナンデス!で紹介

●マイケル富岡がデートで使う中華街の店

・フカヒレ専門店 廣翔紀 新館:神奈川県横浜市中区山下町97

 

「フカヒレステーキの鉄板焼き」6480円

 

毛鹿鮫の尾びれを使用

スープの味がしみるように鉄板に乗せえる前に下味をつける

鉄板に生の玉ねぎとバターを敷き、その上にフカヒレを乗せる

豚骨、雲南ハム、ホタテの貝柱など5時間以上煮込み、

濃厚なコクを引き出した上湯スープをあんかけをかけて完成

 

「フカヒレ入り杏仁豆腐(燕の巣入り)」680円

 

「毛鹿鮫のえんがわ麻辣ソース和え」1706円

他では中々食べられないフカヒレのえんがわ (855)

ヒルナンデス!で紹介

●マイケル富岡がデートで使う北欧料理レストラン

・SCANDIA(スカンディア):神奈川県横浜市中区海岸通1-1

昭和38年に創業した北欧料理レストラン

昭和4年に建てられた横浜貿易会館、当時の建物をそのまま使用

 

マイケル富岡が女性を必ず落としたい時に連れて行くお店

この店で女性を口説いた時の勝率は10割

重厚な店内は本気のデートにピッタリ

まずバーカウンターでウエルカムドリンクを楽しむ

 

「4種類のキノコ入り コンソメのパイ包みスープ」1404円

何とパイの裏にはクッキングシートに書かれた携帯番号が!

40年以上通うマイケルしかオーダーできない

しめじ、舞茸、エリンギ、椎茸をコンソメスープで煮込んだ一品

 

「ヒレステーキとフォアグラ マデラソース」5184円

ハンガリー産のフォアグラを分厚くカット

外は香ばしく中をトロッと焼き上げる

ポルトガル産のマデラ酒を煮詰めたマデラソース (527)

スポンサード リンク