Tag Archives: 春風亭小朝

春風亭小朝 行きつけの店

 

・天ぷら 松:京都市右京区梅津大縄場町21-26

TEL:075-881-9190

桂川のほとりに佇む天ぷら懐石料理店

 

店主:松野俊一が作る創作懐石料理が味わえる

 

嵯峨野の割った竹に揚げたての天ぷらを載せて提供

 

開業当時は天ぷら定食のみだったが、

客を喜ばせようと一品料理を出しているうちに

現在ではコース料理のみとなった

昼:3500円~ 夜8500円~

 

小朝のお気に入りは「鰻のしゃぶしゃぶ」

鮎の稚魚を食べる琵琶湖の北の天然鰻は臭みが全くない

わさび醤油で頂く

ほどよい脂と甘みがあり、白焼きとはまったく違う美味しさ (628)

スポンサード リンク

春風亭小朝 行きつけの店

 

・京都 三芳:京都市東山区祇園町南側570-15

店主が厳選した全国のブランド和牛を使用

肉の部位や調理を操る肉懐石が楽しめる店

 

 

「月替わりの肉懐石コース」15000円

 

「筍とヒレの椀」「ハラミの角煮と干し貝柱の竹の子ご飯」など

 

「サマートリュフとサーロインの炙り」

少し表面を炙っただけの赤身が残ったサーロイン

香り高いサマートリュフと一緒に卵黄と醤油漬けに絡めて頂く

近江牛の「牛サーロインのしゃぶしゃぶ」

煎りゴマを効かせた自家製ポン酢でつけて

信州牛の「特選ヒレ(シャトーブリアン)」をフォアグラと一緒に

 

小朝のオススメが〆に提供される「肉の昆布巻き」

昆布も肉も柔らかく、ご飯と一緒に頬張る (1478)

メレンゲの気持ちで紹介

春風亭小朝 行きつけの店

 

・TERRES DE TRUFFES,TOKYO(テール・ド・トリュフ東京)

フランスに本店のあるフレンチレストラン

 

日本で唯一のトリュフ料理専門店

 

 

「北海道産 北あかりのロースト トリュフクリームソース」2800円

トリュフソースクリームを使ったポテト料理

まるごとローストした北海道産の北あかりに

本場ニースから直輸入した黒トリュフを

目の前でスライスして散らした一品

 

 

「白トリュフとフォアグラが入ったハンバーグ」15000円

黒毛和牛のミンチの中に

厚切りの白トリュフとフランス産のフォアグラを詰め

焼き上げたハンバーグ

24か月間熟成したコンテチーズをソース代わりに頂く

 

 

「黒トリュフのタマゴかけご飯」5000円

小朝師匠 一番のお気に入り

お米とバター、細かく短冊に切った黒トリュフを入れた炊きこみご飯

それにダシをいれた生卵をかけ卵かけごはんにして頂く (320)

メレンゲの気持ちで紹介

春風亭小朝 行きつけの店

・銀座 季楽:中央区銀座5-4-6

佐賀牛をはじめ新鮮な魚介 旬の野菜など佐賀の味覚が味わえる

 

 

「季楽せいろ蒸し」7200円

せいろ一杯の野菜の上にA5ランクの佐賀牛を乗せ、

目の前で蒸しあげる

ピンク色に染まったら食べ頃

肉で野菜を巻き、2種類のタレにつけて頂く

 

春風亭小朝いわく、この店をキッカケにせいろ蒸しが流行し、

真似る店が増えたが 肉が全然違う (431)

ジャネーノ!で紹介

 

春風亭小朝の差し入れ

●究極の豆カン

 

・ホテルニューオータニ パティスリーSTSUKI

住所:東京都千代田区紀尾井町4-1

 

「スーパー黒豆カン」1100円

丹波産の黒豆を水で戻すところから、

パティシエが1週間かけて手作りしている

 

 

寒天はその年の一番良いモノを使用

滑らかな舌触りを作るため、アルカリ性の強い軟水で溶かす

1日冷やすと極上の寒天が完成

そこに4日間かけて甘味を煮含めた黒豆を、

ひとつひとつシワや艶を確認しながら乗せていく

 

小朝は 極上の喉越しで味わうために

冷した状態で差し入れたいとクーラーボックスに入れて届けるという (789)

スポンサード リンク