Tag Archives: 片岡愛之助

歌舞伎役者が出前をとる楽屋グルメ

 

・エルベ:中央区銀座3-13-17

 

中村芝翫、片岡愛之助、市川猿之助など

多くの歌舞伎役者が馴染みの店

 

役者によって銀之塔とエルベ派で好みが分かれる

 

 

「ミックスシチュー 玉子入り」1900円

40年間 継ぎ足しながら使っているデミグラスソース

そのソースで赤身とタンを3日間煮込み、

そこにご飯に合うように日本酒を加えて、さら煮込んだ一品 (234)

スポンサード リンク

片岡愛之助 行きつけの店

 

・天ぷら 一宝:中央区銀座6-8-7

大阪で150年続く天ぷらの老舗

 

江戸前の胡麻油香る天ぷらではなく

紅花油だけで揚げた関西風の天ぷらが頂ける

 

衣も薄く素材の味をストレートに味わえる

 

「淡路島産のハモの天ぷら」

骨切りした生のハモをカラッと揚げた一品

スダチを絞っていただく (219)

片岡愛之助 行きつけの店

 

・過門香 銀座本店:中央区銀座1-10-6

 

店内中央にある豪華絢爛な通路

 

 

片岡が仕事帰りに立ち寄ると店員から

「心配したよ。顔見ないから」と声をかけられるほど

 

「フカヒレの姿煮上海味噌仕立て」

気仙沼のヨシキリザメの尾びれと

上海ガニのカニみそがたっぷり

肉と椎茸、大根でとったさっぱりスープで煮込む

 

「特大海老のガーリック蒸し」2106円

車エビの2倍以上の大きさのシータイガー

フライドガーリックを乗せて、熱した油をかける

そこにパクチー、ナンプラー、醤油ダレを加えた一品 (327)

片岡愛之助 行きつけの店

 

・L’EMBELLIR(ランベリー)京都

住所:京都府京都市東山区祇園八坂神社鳥居内

八坂神社の境内にあるフレンチレストラン

店名のランベリーは「美しくする」という意味

 

8年連続ミシュランで星を獲得する岸本直人が腕を振るう

 

「稚鮎のフリット」

長野の天竜川産の稚鮎を使用

油でカリカリに揚げ、ハーブと盛り付けた一品

アボカドとレモンの特製ソースにつけていただく

 

「オコゼの七種のスパイス焼き」

京都舞鶴産のオコゼをオリーブオイルやバターで焼き上げる

添えられたレモンソースがさわやかさを演出 (359)

EXILE岩田剛典 行きつけの店

 

・はなぶさ:港区麻布十番2-8-8

名古屋出身の店主が営む食事処

 

 

渋谷店には、藤原紀香 片岡愛之助が通う

 

「ひつまぶし」4800円

 

愛知県一色町のうなぎを使用

蒸さずに地焼きする名古屋式の焼き方

 

米も愛知県産

使う調味料、出汁も愛知県産

 

とにかく愛知県の食材のこだわった一品 (784)

スポンサード リンク