Tag Archives: 石神秀幸

石神秀幸 行きつけの店

 

・つきじ芳野吉弥:東京都中央区築地6-21-5

穴子仲卸が営む専門店

 

穴子仲卸4代目の店主が、

もっと穴子を食べてほしいと始めたお店

 

扱うのは、仕入れたての新鮮な穴子

「あなごのばかし」1900円

プロが うなぎ以上と絶賛している

 

 

「あなご ばかしあい」2400円

関東の煮穴子と関西の焼き穴子の2種類が食べられる重

ふわふわとパリパリの食感が楽しい (16)

スポンサード リンク

料理評論家:石神秀幸が感動した店

 

・falò(ファロ):東京都渋谷区代官山町14-10 LUZ代官山B1

焚き火を使ったイタリアンが食べられる

 

店の中央にある焚火に見立てて

炭を立てた焼き台で魚や肉をふっくらと焼き上げる

 

シェフの樫村仁尊は、広尾のアクアパッツァ出身

 

「くるくる巻いた太刀魚」864円

竹に太刀魚を巻きつけ、炭で焼き、

モデナ産バルサミコ酢とセルフィーユなどのハーブを持った一品

 

 

石神が驚いたのが、「ポルケッタ」

秘伝のスパイスでマリネした鳥取の大山豚を

低温オーブンで2時間ほど火入れ、

その後、焚火の遠赤外線で外側をカリッと焼き上げた一品 (73)

石神秀幸 オススメの店

 

・デリツィエ:東京都港区東麻布1-12-5

店名のデリツィエは、イタリア語で「喜びを与える」という意味

旬の食材の個性を生かし、カジュアルメニューで人気のお店

 

 

「トリュフ風味のデュクセルのソース 自家製キタッラ 温卵をのせて」2160円

2日間干したホワイトマッシュルームを軽くソテーして、

トリュフオイルに1日漬け込み、ミキサーでペースト状に

 

イタリア語でギターを意味するキタッラ

木枠にギターの弦を張ったような器具に

手打ちした生地を押し込んで麺を作る

正方形の断面でしっかりとした歯ごたえが楽しめる

 

生クリームとマッシュルームペーストで作ったデュクセルソースに麺を絡め、

たっぷりのチーズとトリュフオイル、最後に半熟卵をのせた一品

 

「白身魚と生ハムのクロッカンテ 牛蒡のピューレと」2808円

 

「蝦夷鹿肉のロースト 赤ワインソース」2808円

 

「キノコと自家製パンチェッタ カラスミのソーススパゲッティ」1620円 (140)

石神秀幸 オススメのラーメン

 

・中華そば 四つ葉:埼玉県比企郡川島町伊草298

ラーメンの隠れ里:比企郡の代表される店

 

 

「四つ葉そば」750円

タレ、出汁、油と全てにこだわった一杯

鮮やかなピンク色したチャーシューは、

生ハムとローストポークの中間のような食感

スープと鶏油は、比内地鶏、山水地鶏、

天草大王、博多地鶏の4種類の地鶏を煮詰めて作る

5種類の醤油をブレンドして作るタレ

 

「蛤そば」800円

店の隣で店主の実家が営む寿司屋から仕入れている (187)

ヒルナンデス!で紹介

ラーメン王:石神秀幸が2014年 最も感動した料理

 

●フォアグラとフカヒレ入りの茶碗蒸し

 

・日本食 りゅうの介:東京都港区麻布十番3-19

麻布十番にある創作和食のお店

 

 

ミシュランガイドでも星を獲得した名店

 

料理は独創的、

日本料理の型にハマらない新しい発想で美味しさを追求

 

「フォアグラ茶碗蒸し ふかひれ餡」1166円

こしたフォアグラに卵やダシを加え、蒸しあげる

濃厚なふかひれ餡を注ぎ、完成

フォアグラの濃厚なコクを卵の優しい甘みが包み込む

 

店主のオススメが「渡り蟹と和栗の釜焚き御飯」2808円

山形産ひとめぼれ、そこへ生姜、栗を加える

そこへ渡り蟹の身、卵、味噌をたっぷり

昆布とかつおのダシで炊き上げ完成

 

「じゃが芋のへしこオイル焼き」972円

オリーブオイルにぬか漬けにしたサバを合わせ、

ジャガイモを煮詰めた一品

 

「ズワイガニとフルーツトマト アボカドのタルタル仕立て」1706円

ズワイガニにフルーツやアボカドを合わせた一品 (501)

スポンサード リンク