Tag Archives: 長嶋茂雄

長嶋一茂 行きつけの店

 

・鳥鍈:田園調布駅前

創業55年、屋台から始まった老舗

 

長嶋茂雄が愛した焼き鳥店

のれんの店名は、長嶋茂雄が書いたもの

 

白味噌ベースの「煮込み」

使用しているのはモツではなく鶏の首皮のみ

ゼラチンが多く柔らかい

1鍋に30羽分の鶏の首皮が使われる

元々ジャガイモが入っていなかったが、

長嶋茂雄の提案でジャガイモが加わった

 

 

そして片足を丸々焼き上げる「もも焼き」 (17)

スポンサード リンク

伊藤英明 行きつけの店

 

・よーかんちゃん:東京都台東区根岸1-2-12

鶯谷にある宮内庁御用無、会員制のスナック

 

 

店主は、77歳のよーかんちゃん

元芸人で38年前に店を開店

光モノが好きで光る装飾品を集め、

気付けばピカピカの店内になっていたという

 

 

おまかせ料理と飲み放題がついて1万円

 

十八代目 中村勘三郎や長嶋茂雄、尾田栄一郎、柄本明など

各界の著名人が虜になってしまう隠れ家的名店 (339)

●伝説のスターらが愛した名店

 

・キッチン・ボン:東京都渋谷区恵比寿西1-3-11

昭和30年 創業の洋食店

 

店内には黒澤明監督から頂いたガラスのカエル、

石原裕次郎のサイン、美空ひばりから贈られた時計が飾られている

 

長嶋一茂は父:茂雄に連れて来られ以来、40年以上通っている

 

中村吉右衛門、さだまさし、市村正親、森進一、

津川雅彦などの有名人が通い続けている

 

ロシアの郷土料理「ボルシチ」1500円

トマトベースの特製スープは継ぎ足すこと50年

ブイヨンで3時間も煮込んだ牛バラ肉、北海道産のジャガイモ

生クリームで酸味を和らげて完成

美空ひばりも愛した究極の一品

 

長嶋茂雄の大好物が「ステーキ」8400円

山形県産高級内もも肉を使ったビーフステーキ

焼く前に叩いて肉の繊維を壊すことで柔らかく仕上がる

バターと隠し味にすりおろしたニンニクを使用

 

「ハヤシライス」2900円

10日間煮込んで作る自家製ソースが絶品

 

店の常連だった大塚食品の関係者がこの店のカレーが大好物で、

新商品のレトルトカレーに「ボンカレー」と名付けた (879)

●多くの著名人が愛するビーフシチュー

 

・スコット本館:静岡県熱海市渚町10−13

昭和21年創業の老舗洋食店

 

志賀直哉はじめ、様々な文豪から愛され、

いまも王貞治、長嶋茂雄、細川護熙、村上龍、

藤岡弘、マイケル富岡、江原啓之など 多くの著名人が足繁く通っている

 

「ビーフシチュー」2916円

人参、セロリなど様々な野菜を

炒めては煮込むという作業を1週間 繰り返し作るデミグラス

そこに国産の牛バラ肉を加え、さらに6時間煮込む

創業当時から試行錯誤を重ねてきた至極の一品

 

「ビーフストロガノフ」3240円

A4ランク以上の国産牛ヒレ肉を使用

サッと焼いたヒレ肉にデミグラス、生クリーム、レモン汁を絡める

 

「ハンバーグ」1620円 (601)

スポンサード リンク