Category Archives: ●俳優 行きつけの店

神田正輝 行きつけの店

 

・丸池ホテル Mont Moi(モンテモア)

住所:長野県下高井郡山ノ内町志賀高原丸池

 

 

中学生の頃からスキーのために通っている

店主とは家族同然のお付き合い

 

神田のお気に入りが「ソースかつ丼」

夏はロース、冬はヒレを使用する (6)

スポンサード リンク

神田正輝 行きつけの店

 

・びすとろ ぷらむ:京都府京都市東山区祇園町南側570-128

京都での撮影の際、必ず立ち寄る店

京町屋を改装した落ち着いた店内

 

貝殻に盛られた「ぷらむサラダ」

神田は大盛りで2~3お替りするという

 

名物は「レバーの天ぷら」

オリジナルの辛味ソースをつけていただく

 

 

肝ソースで食べる「アワビのステーキ」

帰りの定番のお土産が、「和牛ヒレカツサンド」 (4)

市川右團次 行きつけの店

 

・SHARES(シェアーズ):東京都中央区勝どき3-8-8

ニューヨークスタイルのステーキハウス

築90年以上の古民家を改装

 

 

「熟成ブラックアンガスビーフ リブアイステーキ」6980円~

外はカリカリ、中はレア

4週間熟成させたアンガス牛

たっぷりの油で揚げるように焼き、

オーブンで焼き上げ、ジューシーに仕上げる

ソースはマッシュポテト入りの特製ソースと

和風ガーリックソースの2種類

 

息子の市川右近のお気に入りが、

「マカロニチーズ プロシュート&ゴルゴンゾーラ」1380円 (7)

鹿賀丈史 行きつけの店

 

・ピエール・ガニェール:東京都港区赤坂1-12-33

ANAインターコンチネンタルホテル東京の36階

 

 

フランスの三ツ星シェフ

料理は独創的で芸術性が高く、厨房のピカソと呼ばれている

師匠ピエール・ガニェールの下で

約15年間従事した赤坂洋介が腕を振るっている

 

鹿賀のお気に入りが「キジハタのポワレ パルメザンソース」

香り付けのため皮めのみを焼き、身はパルメザンソースで茹でた一品

「岩牡蠣のショー・フロア」

ソースをかけた岩牡蠣を殻に戻し、バナナのスライスを合わせた一品 (5)

鹿賀丈史 行きつけの店

 

・古典札幌柳麺 芳蘭:東京都千代田区有楽町1-2-9

有楽町にある味噌ラーメン屋

 

他にも、和田アキ子も通っている

 

 

「味噌バターらーめん」1150円

とにかく器が大きく、スープの量が多い

味噌はあっさりだが、生姜の効いたスープ

中細の縮れ麺

具は、きくらげ、チャーシュー、卵、メンマ、刻みネギ (5)

スポンサード リンク