アンジャッシュ渡部」タグアーカイブ

アンジャッシュ渡部 オススメの店

 

・RODEO:東京都目黒区中目黒3-5-1

炭焼と薪焼で香りをまとわせる肉が食べられる

 

お通しのトリュフ塩をふったポテトチップスは食べ放題

 

 

「ミートスパゲッティ」1980円

まず薪と炭で焼いたハンバーグとパスタが提供される

デミグラスソースをかけ

ハンバーグを崩し、パスタと混ぜ合わせる

チーズを削り、ブラックペッパーを振った一品

(128)

スポンサード リンク

アンジャッシュ渡部 オススメの店

 

・sisi煮干啖:東京都中央区日本橋小舟町4-9

行列ができる煮干しパスタ専門店

 

神楽坂にあるイタリアンシェフのオーナーシェフが経営

 

 

「にぼたん」850円

香川県産 伊吹いりこを使用した特製ソースに麺を絡めた一品

辛味の強い玉ねぎのみじん切りと柚子の果汁が絶妙

ハムにはスペイン産の燻製したパプリカをまぶした

(34)

アンジャッシュ渡部 オススメの店

 

・PELLEGRINO(ペレグリーノ):東京都渋谷区恵比寿2-3-4

 

あの「会長 島耕作」にも登場

日本一予約が取れない名店のひとつ

 

店内は、わずか6席で厨房との仕切りがない

営業は週4日、1日6組限定

 

生ハムをカットするのは、

日本に一台しかないイタリア直輸入の350万円のスライサー

 

岐阜県にある工場BON DABONの多田昌豊が造った生ハム ペルシュウを

厚さ0.1㎜でスライス、皿が透けるほど薄くフワフワの食感となる

 

炊き上げたばかりの熱々の岐阜県産ブランド米 龍の瞳を生ハムで巻いて

 

 

「パルマ産生ハム トルタフリッタ」

パルマ産生ハム プロシュート・ディ・パルマを

揚げたばかりのパイ生地の上に乗せた一品

(97)

林修 行きつけの店

 

・中華 兆徳:東京都文京区向丘1-10-5

常に行列が絶えない人気の中華料理店

 

古今亭志ん朝も足しげく通い、アンジャッシュ渡部も大絶賛

 

 

「玉子チャーハン」650円

米の一粒一粒に卵がコーティングされているのでキレイな黄金色

使っている食材は、ご飯、卵、刻みネギのみ

味付けは、塩を小さじ3杯のみ

(1568)

アンジャッシュ渡部 オススメのご飯のお供

 

●まるでフォアグラのようなカキのオイル漬け

 

・倉崎海産株式会社

 

「花瑠&花星(オイルアンドオイスター)」1782円

大粒のみを厳選

醤油を塗って香ばしく網焼きに

コーン油に漬け込んで旨味を閉じ込める

カキを食べ終わった後の残った油を使って、

料理に加えるといつもの料理がグレードアップする

(41)

スポンサード リンク