東山紀之」タグアーカイブ

東山紀之 行きつけの店

 

・おいと:京都府京都市東山区祇園町北側253

祇園にある一言さんお断り、完全予約制のおでん屋

 

津川雅彦と一緒に通っていたという

 

何十年も継ぎ足したカツオと昆布の出汁で煮込んだ大根に

3日間煮込んだ牛すじをかけていただく

 

東山のお気に入りが「100年たまご」

(15)

スポンサード リンク

東山紀之 行きつけの店

 

・一心:京都府京都市右京区西院北矢掛町36-25

阪急西院駅から徒歩5分

 

TOKIO松岡に紹介してもらったのがきっかけ

体調を崩したときに、この鍋を食べたら元気になると誘ってくれた

 

京都で撮影のある俳優は、大体通う名物店

 

「一心鍋」

にんにくが効いたスープは、甘辛い韓国風

特注の四角型の鉄鍋のヘリに盛られた具材を

少しずつ崩しながら食べ進める

(73)

東山紀之 御用達の差し入れ

 

・フルッティア:山形県天童市三日町1-4-2

旬のフルーツを使ったパフェやジュース、シェイクなどが楽しめる

 

 

http://fruttier.com

オンラインショップで購入できるのが、

「フルーツポンチッチ 1.5リットル」3800円

透明な瓶に10種の季節のフルーツを詰め込んだ一品

(42)

東山紀之 行きつけの店

 

・鍵善良房:京都市東山区祇園町北側264

創業は、江戸時代の享保年間

 

東山のお気に入りが「甘露竹」360円

青竹の筒の中に水羊羹を詰めた夏限定の人気和菓子

 

東山が初めて京都で撮影したとき、

スタッフが差し入れてくれたのが、出会いのきっかけ

 

林修は基本的に行列には並ばない

行列に並ぶのは、日本に2店舗のみ、その1店舗がこの店だという

小泉純一郎、周防正行、草刈民代、中村芝翫、長嶋一茂も足しげく通っている

 

「くずきり」1000円

透き通る作りたてを提供してくれる

5分、10分で徐々に白くなっていき、食感が損なわれていく

奈良県産の最高級のくず粉を水で溶かし、

デンプン質だけを残すために熱湯で温める

鍋を回転させて、くずの厚さを一定にし、

くずきりを透明にするため、鍋ごとお湯の中に6秒ほど入れる

すぐに7℃の冷水で15秒冷やして完成

くず粉を溶かしてから、1分30秒、新鮮な状態で提供される

(166)

スポンサード リンク