竹内結子」タグアーカイブ

竹内結子 行きつけの店

 

・Ostrea(オストレア)六本木店:東京都港区六本木7-15-17

六本木にあるオイスターバー

 

生産者から直接仕入れた生牡蠣が一年中食べられる

 

 

竹内のオススメが「牡蠣の若漬け」

生牡蠣を醤油と酒に漬けた一品

(452)

スポンサード リンク

竹内結子がハマったお取り寄せ

 

・餃子の餃天

1980年に先代が奥州ラーメンを創業

2007年に二代目が「餃子の餃天」として営業開始

 

宇都宮で餃子好きになった竹内は、

デパートの催しでこの餃子と出会い、定期的にお取り寄せしている

 

 

持ちかえり、地方発送は、作りたてを当日中に急速冷凍した新鮮な生餃子

玉ねぎに炒めた玉ねぎをブレンドすることでコクと甘みが増す

はちみつ、しいたけ、味噌など一般的に入れない具材を使用

秋田産の豚肉に具材と調味料を混ぜ、1時間弱練る

 

あきたこまち米粉と国産小麦粉で作られた白餃子の皮

ふきお葉を練り込んだふき餃子、唐辛子を練り込んだ赤餃子

(155)

竹内結子 行きつけの店

 

・グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン:アトレ品川

住所:東京都港区港南2丁目18−1

1913年、ニューヨークのグランドセントラル駅構内に創業

約100年の歴史と世界的な知名度を誇るレストラン

 

一生涯に食べた牡蠣で貝塚を作りたい、と言うほど牡蠣好きの竹内は、

このニューヨーク店で牡蠣の美味しさを知った

 

産地別の新鮮な牡蠣を注文ごと剥いてくれる

 

「生牡蠣の盛り合わせ」

国内外の生牡蠣を全10種類を提供

 

 

「フライドオイスター ハーフ&ハーフ」

生パン粉を使用するカキフライとクラッカーや

コーンパウダーを衣にするNYスタイルの2種類が楽しめる

(99)

・パオン昭月:東京都世田谷区駒沢2-18-11

 

和菓子職人だった初代が、

戦後の配給や闇市で仕入れた小麦で

作ったパンを売り始めたのが創業のきっかけ

 

ヒロミや竹内結子など多くの芸能人が訪れる

 

中でも人気の「生クリームあんぱん」164円

こだわりは、あんこと生クリームのバランス

北海道 十勝産のこしあんと

甘さを抑えた生クリームを2:1の割合で

 

多い日には1日最大600個売れるという

 

生クリームが溶けやすいため、10月から5月までの限定販売

 

 

(525)

スポンサード リンク