Tag Archives: 薬丸裕英

薬丸裕英 行きつけの店

 

・焼肉やよい:港区麻布十番1-7-9

本店は三重県鈴鹿市にあり、数多くのレーサーが訪れる名店

肉の切り方にこだわっている

 

 

「塩タン」1800円

焼く前に肉にレモンをかけ、焼いた後は、何もつけずに食べる

 

「塩ロース」2200円

焼く前に肉にレモンをかけ、焼く時間は3秒、3秒、3秒が目安

おろし醤油でいただく (21)

スポンサード リンク

薬丸裕英が家族で訪れる店

 

・お好み焼き 古山:東京都世田谷区用賀4-31-1

庶民的なお店だが薬丸裕英や中村雅俊など多くの芸能人も訪れる

 

「リブロースステーキ」1575円

以前は焼肉店だった為、良質の肉が格安で頂ける

 

「豚玉」893円

お好み焼きは関西風で山芋入り

分厚く焼いて外はカリッとサクサク、中はふんわりと仕上げる

 

名物は薬丸裕英が必ず注文する裏メニュー「明太もんじゃ」1208円

常連の間では「薬丸もんじゃ」の名で定着している (32)

松嶋尚美 オススメの店

 

・SATOブリアン:杉並区阿佐谷南3-34-14

全く予約が取れない九州和牛専門店

オーナーが月に1回 九州に行き、厳選して仕入れている

 

松嶋は薬丸裕英に連れてもらってからハマり、

爆笑問題 田中が週一で通っているという

他にもアンジャッシュ渡部、チュートリアル福田など多くの芸能人が訪れる

 

人気が出過ぎて常連も予約が取れなくなったため、 住所非公開の本店に通い詰めた常連のみ

予約がとれるセカンド店:SATOブリアンJr.を開店した

 

 

「シャトーブリアン」8424円のコース1品

レアに焼いたシャトーブリアンをご飯の上に乗せ、

ニンニクバター醤油の特製ソースをかけた「ブリ飯」は名物

 

 

「ブリカツサンド」1万584円のコース (314)

有田哲平 行きつけの店

 

●肉汁をたっぷり吸わせた焼うどん

 

・巨牛荘:東京都港区六本木5-7-8

六本木にあるプルコギが美味しいお店

 

他にも薬丸裕英など芸能人が足しげく通う

 

「プルコギ」3629円

醤油ベースのタレに漬けこんだ和牛カルビの薄スライス

専用の鉄板で焼き、キムチと一緒にレタスでくるんで食べる

 

 

「+うどん」324円

有田いわく「今日はプルコギ食べたくないと思っても焼うどんを食べたいがために注文するほど」

プルコギの肉汁をたっぷり吸わせた絶品の〆うどん (410)

商店街から入った路地にある まるよし横丁内

 

・欣喜:東京都世田谷区祖師谷1-8-17

店主の青木欣也さんは横浜中華街の名店:萬珍樓で修行

ジャンルにとらわれない創作中華を提供している

 

薬丸一家もお気に入りの一軒

来店時は2階の個室を利用する

薬丸裕英はチャーシューと干し貝柱が入った炒飯がお気に入り

 

他にも小日向文世も妻と通っている

おせち料理を注文することも

 

小日向文世のお気に入りは、

「湯葉巻き蒸し」640円

 

 

「欣喜の麻婆豆腐」1280円

 

「小海老のチリソース煮」1780円

エビに卵白を混ぜ水分と柔らかさを保つ

それを冷蔵庫で一晩寝かせ、片栗粉、油の順でコーティング

低温の油でエビを素揚げ、身のプリプリ感を生む

秘伝のチリソースにネギをたっぷりと投入

調味料で味付けし完成

 

「五目あんかけ焼きそば」950円

蒸し麺を使ったオイスターソースベースの広東焼きそば

大振りな海鮮をふんだんに使った一品

 

「こだわりの小龍包」270円

コラーゲン豊富な豚の皮で作った煮こごり入り

 

「マンガリッツァ豚ロース肉の酢豚」1580円

「マンガリッツァ豚バラ肉の回鍋肉」1280円

ハンガリーの食べられる国宝:マンガリッツァ豚を使用 (265)

スポンサード リンク