●スポーツ選手 行きつけの店」カテゴリーアーカイブ

高橋英樹 高橋真麻 行きつけの店

 

・あんじゅ:東京都港区高輪3-9-20

高輪駅から徒歩1分

住宅街にある中華と串揚げの店

主人が中華料理担当、銀座の名店で働いていた奥さんが串揚げ担当

築地から仕入れるネタを串揚げに使用

 

他にも稀勢の里や勝俣州和も常連

 

「うに」「ゆば」など変わり種メニューがある中、

高橋真麻のお気に入りが「こんにゃくの串揚げ」

和風出汁、砂糖、醤油で群馬県産のこんにゃくを1時間煮詰め、

冷蔵庫で一晩寝かせて味を染み込ませる

細やかなパン粉をまぶし、170℃のサラダ油で揚げた一品

(6)

スポンサード リンク

柔道 大野将平 行きつけの店

 

・ヘレ肉専門店 きみや:奈良県生駒市鹿畑町907

生駒市の郊外にある黒毛和牛の炭火焼肉店

 

大野は、月に2度ほど通い詰めている

 

「シャトーブリアン」

鹿児島県産の黒牛のヒレ肉の希少部位

200gのシャトーブリアン2枚が1人前

フォークで割けるほどやわらかい

ニンニクたっぷりの特性だれにつけていただく

(141)

指原莉乃がハマる中華

 

・您好!朋友(ニイハオ!ポンユウ):福岡県福岡市中央区六本松2-7-7

地元の人に愛される町中華の名店

 

王貞治も常連

看板の店名も王さんの直筆

 

客の8割が注文するメニューが「ピーマン炒め」

黒豆を発酵させた豆鼓とパプリカを炒め、

九州の甘口醤油で味付け、素揚げしたピーマンを投入し、5秒炒めて完成

(113)

元木大介の勝負差し入れ

 

株式会社マルヌシの「八戸サバ缶バー」410円

https://38canbar.jp/

 

2019年の春季キャンプに差し入れして原監督と選手がドハマりした缶詰

 

脂の乗ったブランドサバ 八戸前沖さばを使用

サラダに乗せてオリーブオイルと塩で味変

原監督は、大根おろしに七味がお気に入り

 

津軽海峡の塩、ゆずこしょう、グリーンカレー、アヒージョ、トムヤムクンなど種類が豊富

(197)

廣瀬俊朗の弟が働くレストラン

 

・プルミエ レタージュ:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-21-10

吉祥寺にあるフレンチレストラン

 

フランスのミシュラン一つ星で修業した廣瀬康二は、廣瀬俊朗の弟

 

「パスク風大山地鶏もも肉の煮込み」

ソテーした大山地鶏をパプリカとトマトのソースに絡め、

イカ墨バターを添えた一品

 

1

 

「秋田県産 和牛のイチボのロティ」

低温で火入りし、フライパンで焼き目を付けた秋田県産の和牛のイチボ

ポルチーニ茸のクリームソース、甘酸っぱいガストリックを添えた一品

(91)

スポンサード リンク