柔道 大野将平 行きつけの店

 

・ヘレ肉専門店 きみや:奈良県生駒市鹿畑町907

生駒市の郊外にある黒毛和牛の炭火焼肉店

 

大野は、月に2度ほど通い詰めている

 

「シャトーブリアン」

鹿児島県産の黒牛のヒレ肉の希少部位

200gのシャトーブリアン2枚が1人前

フォークで割けるほどやわらかい

ニンニクたっぷりの特性だれにつけていただく

(22)

スポンサード リンク

藤原竜也 行きつけの店

 

・喰海:大阪府大阪市北区堂島1-3-29

雑居ビルの奥まった先にある韓国料理店

 

藤原竜也は、大阪に来るとたまに立ち寄っているという

歌舞伎俳優も常連

 

「ボタンエビジャン」

ボタンエビを韓国から取り寄せた激辛唐辛子と秘伝のタレに漬け込んだ一品

カンジャンケジャンのエビ版

(4)

奈緒 行きつけの店

 

・宗家 赤門屋:福岡県福岡市博多区竹丘町1-4-3

地元に帰ると立ち寄る昔なじみの店

 

「もつ鍋」

国産牛もつは、産地を限定せず脂ののりで日々仕入れている

キャベツは時期によって甘さが変化するため、

甘みを補うためにコーンを入れる

スープは、和風出汁の醤油ベース

奈緒は、お取り寄せしてお世話になった方に贈っているという

(6)

ロンブー淳 行きつけの店

 

・otanto 料理人・W:東京都中央区日本橋3-4-1 7F

料理を研究し続けるナベさんの前の店tantoは、

採算度外視が過ぎて潰れてしまった

出資を受けて現在の店を開業

 

「熟成肉のリゾット」

1時間以上熱した石焼き鍋で焼いた熟成サーロインを

卵と鬼おろしでいただく

熟成サーロインの脂が溶け出た石焼鍋で

きのこ、ハム、モッツァレラチーズ、ご飯、卵、生クリームを混ぜ焼き

〆のリゾットとしていただく

パルミジャーノ・レッジャーノ、胡椒で味変

伊右衛門を注いでお茶漬けに

 

黒唐揚げも絶品

(15)

西川貴教 行きつけの店

 

・泉涌寺 齋華:京都府京都市東山区泉涌寺山内町35-3

寺の駐車場を下った場所にある中華料理店

様々な食材を創作中華にして提供してくれる

 

 

「鮑の四川大豆ソース その肝の和えそば」

自家製麺をアワビの肝ソースと和え、

4時間蒸したアワビを添え、四川大豆ソースをかけた一品

 

最後の〆で出てくるのが、具無しのシンプルな「麺とスープ」

スープは、豚ひき肉から作ったチンタンスープ

(31)

スポンサード リンク