紗栄子 行きつけの店

 

・生そば 紀州屋:宮崎県宮崎市橘通西2-4-15

橘通りにあるそば屋

 

紗栄子は、昔から家族で通っている馴染みの店

 

小さい頃から必ず注文するのが、「いなり

」70円

一度に5個も食べていた三角いなり

「天ざる」750円

大きな海老天2本、宮崎産のナスとピーマンの天ぷら

 

店のオススメが「冷やしサラダそば」650円

宮崎産のレタス、ニンジン、きゅうり、トマトなどを使用 (1)

スポンサード リンク

鹿賀丈史 行きつけの店

 

・ピエール・ガニェール:東京都港区赤坂1-12-33

ANAインターコンチネンタルホテル東京の36階

 

 

フランスの三ツ星シェフ

料理は独創的で芸術性が高く、厨房のピカソと呼ばれている

師匠ピエール・ガニェールの下で

約15年間従事した赤坂洋介が腕を振るっている

 

鹿賀のお気に入りが「キジハタのポワレ パルメザンソース」

香り付けのため皮めのみを焼き、身はパルメザンソースで茹でた一品

「岩牡蠣のショー・フロア」

ソースをかけた岩牡蠣を殻に戻し、バナナのスライスを合わせた一品 (1)

鹿賀丈史 行きつけの店

 

・古典札幌柳麺 芳蘭:東京都千代田区有楽町1-2-9

有楽町にある味噌ラーメン屋

 

他にも、和田アキ子も通っている

 

 

「味噌バターらーめん」1150円

とにかく器が大きく、スープの量が多い

味噌はあっさりだが、生姜の効いたスープ

中細の縮れ麺

具は、きくらげ、チャーシュー、卵、メンマ、刻みネギ (0)

中山忍 オススメの差し入れ

 

・村上開新堂:京都府京都市中京区常盤木町62

創業1907年、京都最古の洋菓子店

 

 

ここでしか手に入らない3か月待ちの差し入れが

「クッキーの詰め合わせ」6070円

中には11種類のクッキーがぎっしり

創業以来、100年以上変わらぬ製法で作られる素朴な味 (5)

スポンサード リンク