Category Archives: 未分類

岡村隆史 行きつけの店

 

・Cafe La Bohéme白金(カフェ ラ・ボエム):東京都港区白金台4-19-17

オシャレな通りにある、オシャレな一軒家イタリアン

 

 

岡村は、オフの日、一人でテラスでシャンパンを飲んでいる

スズメにパンを与えているという

 

「贅沢ペスカトーレ」1780円 (8)

スポンサード リンク

林修 行きつけの店

 

・みの家:東京都江東区森下2-19-9

創業122年、さくら鍋の名店

 

古今亭志ん朝が常連だったこともあり、

立川談志、桂歌丸、林家正蔵など落語家が通うように

 

 

「さくら鍋」

使用する馬肉は、青森県産の食用馬

2~3週間 熟成させて旨味を最大限に引き出す

鍋の具材は、馬肉、お麩、しらたき、ねぎだけ

馬肉に合わせるのは、秘伝の合わせ味噌

通常の倍以上の米麹で作る江戸甘味噌がベース

そこに昆布とカツオ節がたっぷり入った割り下を注ぐ

せっかちな江戸っ子のために鍋を浅くしている

濃厚な味噌味の馬肉を溶き卵にくぐらせていただく

具材が少なくなると、溶き卵を鍋に入れて、火にかける

煮立つとご飯にかけて〆にする (2)

寺門ジモン 行きつけの店

 

・リトル リマ:東京都港区南青山5-12-2

鉄板焼きの名店

 

 

「じゃがいものロスティ風」

鉄板の上でじゃがいもを押しつぶし、

まずヘラで削って提供される

バターとチーズを加えて円に成形し

スイスの郷土料理ロスティのように焼き上げた一品

 

「神戸牛 熟成ヒレステーキ&サーロインステーキ」

上下の表面の焼き加減を変えている

 

〆は「焼き飯&みそ汁」

神戸牛の熟成ステーキの脂身を鉄板で熱し、

野沢菜とご飯を加えて炒め、

真ん中にあけた穴にバターと醤油を加えて、

焼ながら混ぜ合わせた一品

 

ランチの「ハンバーグ」はリーズナブルにいただける (11)

五代目 尾上菊之助 行きつけの店

 

・花筐(はながたみ):大阪市北区梅田2-5-25

 

 

菊之助が、大阪で芝居する時に1か月滞在するのが、

ザ・リッツ・カールトン大阪

 

その中に寿司、炭火焼、会席、鉄板焼、天ぷらが食べられる日本料理店があり、

中国人シェフが作る北京ダックを寿司で提供してくれる

 

北京ダックは、皮だけでなく肉もすべて使用する

具材とソースの組み合わせで25種類以上の味わいが楽しめる

 

「北京ダック寿司」

北京ダックの皮とキュウリで握り、北京ダックのソースと山椒で味付け

 

「北京ダック寿司(XO醤)」

中華料理のおこげと北京ダック、

大葉をXO醤で味付けし、手巻き寿司にした一品

 

北京ダック寿司は、貸し切りの場合のみ提供してくれる (20)

スポンサード リンク