ミッツ・マングローブ」タグアーカイブ

ミッツ・マングローブ 行きつけの店

 

・唐城人家 CANTON:11 Newport Place, London

 

 

ミッツは、小学5年生から中学卒業までロンドンで暮らしていた

この店を超えるあんかけ焼きそばに、まだ出会えていないという

 

「あんかけ焼きそば」

パリパリもちもちの麺に白い中華あん

具材は、薄くスライスした鴨肉、エビ、イカ、青梗菜、黄色いパプリカなど

(95)

スポンサード リンク

ミッツ・マングローブ 行きつけの店

 

・キッチン ドロマミレ:東京都新宿区荒木町20

四谷三丁目にあるオシャレな焼き鳥屋

 

1

 

店内のオーブンでじっくり焼き上げたフランス産地鶏焼きと

比内地鶏の焼き鳥が食べられる

 

小島瑠璃子とよく通っているという

 

「比内地鶏の焼き鳥各種」220円~

店で朝捌いた新鮮な比内地鶏を使用

(70)

秋野暢子 行きつけの店

 

・中華居酒屋 吉龍軒(ぎろんせん):新宿区新宿2-12-14

中国で生まれ育った王さんが作る本格四川料理が楽しめる

アットホームな店内で週末は朝の6時まで営業

 

ミッツ・マングローブは、月一のイベント帰りに立ち寄っているという

 

 

秋野オススメが「石焼麻婆豆腐」780円

熱々の石焼き鍋に豆腐、麻婆を盛付け

グツグツした状態で提供される

豪快にレンゲで混ぜて頂く

 

「黄金酢豚」1080円

豚肉を3回油で揚げた店自慢の一品

 

「椎茸のえび蒸し団子」780円

椎茸に魚介と豚肉の挽肉を乗せた一品

(324)

●太田プロ芸人 行きつけの店

 

・焼肉 名門:東京都新宿区舟町11

創業47年、業界人がこよなく愛した焼肉店

 

寺門ジモンをはじめ、竜兵会、ミッツ・マングローブ、品川祐など

太田プロの芸人が足繁く通っている

 

「ハラミの塊」2700円

第65代 横綱の貴乃花も力士時代から食べ続けている

品数が少ないためメニューには載っていない

切り分けた肉にわさびを付けてレモンを絞って完成

 

「三角バラカルビ」4320円

俳優:舘ひろしも石原軍団と一緒に良く食べるという

リンゴのすり身が入った大根おろしをのせて頂く

 

長さ1mの「スーパーホルモン」3240円

牛の小腸の中でも皮と脂のバランスが一番良い部分を使用

西城秀樹や今田耕司も大好物

八丁味噌ベースのタレに付けて頂く

(547)

●草刈民代 行きつけの中華料理店

 

・礼華 青鸞居:港区南青山2-27-18

異空間のようなパサージュ青山に入った奥

新しい中華料理:ヌーベルシノワな上海料理が頂ける

 

草刈は津川雅彦に連れて来られて以来、

気に入って足繁く通っているという

 

必ず注文するのが

「スッポンと七種コラーゲン蒸しスープ」2400円

スッポンや牛のアキレス腱など7種のコラーゲンを入れたスープ

 

「気仙沼産フカヒレの姿煮込み もやす添え」5000円

気仙沼産フカヒレを贅沢に使った姿煮

女性を中心に人気の一品

 

「豚スネ肉の醤油煮込み 青菜添え」5400円

高温で揚げた醤油漬けのスネ肉を

ネギや生姜、砂糖などで煮込み、

ネギ油、麻油を水溶き片栗粉で伸ばしたソースをかけた一品

 

ミッツ・マングローブは、新宿店(東京都新宿区新宿1-3-12)に通っている

(350)

スポンサード リンク