千原せいじ」タグアーカイブ

・まなつのスパイスカフェ 茶音間

住所:沖縄県宮古島市平良狩俣4103-12

 

目の前には、さとうきび畑の向こうに海が広がる

 

千原せいじ、宮迫博之など宮古島大好き芸人が頻繁に来店している

 

 

「チキンカレー」980円

カシューナッツと生クリームのマイルドなソースにジューシーな鶏肉

 

「ゴアフィッシュカレー」1050円

宮古島の新鮮な白身魚とサラッとしたココナッツソース

 

「キーマカレー」1120円

宮古牛100%のコクのあるひき肉カレー

 

「豆カレー」910円

店主がインドで出会った思い出の味を再現

 

「プレート」1200円

カレーソース2種、サボジ/ポリヤル、ターメリックライス、

ダルスープ、パパドのセット

 

豆と粉とスパイスで作った豆チップスを割って、

カレーやライスに振りかけて頂く

(327)

スポンサード リンク

ウチくる!?で紹介

 

千原せいじ 行きつけの店

 

●天ぷらをとじた関西ならではの丼

 

・そば処 大村庵:渋谷区幡ヶ谷1-33-2

創業60年のそば処

 

アフリカロケから帰って来た時に

日本の味を求めて訪れるという

 

関東では珍しい「天とじ丼」950円

大振りなエビの天ぷらを卵でとじた一品

 

「鴨せいろ」1000円

 

「天ざる」1150円

 

「鴨南ばん」1000円

 

「カレー南蛮」850円

 

「鍋焼きうどん」1050円

 

「にしんそば」1050円

(452)

千原せいじ 行きつけの店

 

●せいじが経営する居酒屋の創作料理

 

・ずるずる処 せじけん:渋谷区幡ヶ谷2-9-19

せいじ自ら経営する居酒屋

ビリケンに似せたせじけんも鎮座

 

店員は売れない芸人ばかり

 

 

「せじけん火山焼き ぜんぶ盛り」2538円

特徴はグリル鉄板の上にある岩塩

鳥取県産の大山鶏を使用

焼いた肉をのせることで岩塩が溶け、程よい塩味が付く

 

「本格だしネギ醤油冷奴」410円

(268)

ウチくる!?で紹介

 

千原せいじ 行きつけの店

 

●新鮮なネタと繊細な握り

 

・紋寿司:渋谷区幡ヶ谷2-12-17

商店街から外れた路地に店を構える寿司屋

三代続く幡ヶ谷でも評判の店

 

大物が釣れると、この店で捌いてもらうという

 

沖縄久米島産の「もずくそうめん」864円

天然もずくは太く歯触りが良い

 

「いちおし握り」

インドマグロの大トロ、青森県産ブドウエビ、

ウニ、静岡県産の新子など

 

「穴子一本握り」900円

(448)

ウチくる!?で紹介

 

千原せいじ 行きつけの店

 

●新宿のルミネ・ザ 吉本 劇場近く

 

・韓花(ハンファ):新宿区新宿4-1-9

新宿駅新南口にある韓国料理店

 

ルミネ出演後に後輩を連れて行く

他、数多くの吉本芸人が訪れる

しょこたんも一人で来店し、ぼっち飯を楽しんでいるという

 

「ユッケジャンクッパ」1242円

牛の骨をじっくり煮込んで作ったスープ

 

「プルコギトッポギ」1320円

 

「和もち豚のサムギョプサル」1150円

 

「海鮮ねぎチヂミ」1510円

(851)

スポンサード リンク