津川雅彦」タグアーカイブ

東山紀之 行きつけの店

 

・おいと:京都府京都市東山区祇園町北側253

祇園にある一言さんお断り、完全予約制のおでん屋

 

津川雅彦と一緒に通っていたという

 

何十年も継ぎ足したカツオと昆布の出汁で煮込んだ大根に

3日間煮込んだ牛すじをかけていただく

 

東山のお気に入りが「100年たまご」

(15)

スポンサード リンク

津川雅彦 行きつけの店

 

・リストランテ ASO:渋谷区猿楽町29-3

緑を感じる癒しの空間で味わうこだわりのイタリア料理

 

 

他にも石川さゆりなど多くの芸能人が通う

 

「ポルチーニ茸のスープ」2500円

独特の強い匂いを放つ乾燥ポルチーニ茸と

ナッツのように濃厚な風味のフレッシュポルチーニ茸を使用

サイフォンでポルチーニ茸を抽出したスープ

 

「甘海老のマリネとポルチーニ茸」

甘海老とポルチーニ茸をガラスケースの中で燻製にかけた一品

(333)

津川雅彦 行きつけの店

 

・トラットリア・アンティヴィーノ:渋谷区東1-14-13

渋谷にあるイタリアンの名店

季節の素材を使った本格イタリアンが楽しめる

 

 

他にも料理研究家:園山真希絵も絶賛

 

津川のオススメは「お好みパスタ3種類の盛り合わせ」1800円

キャビア、カラスミ、フルーツトマト、

厳選素材を使った見た目の華やかな一品

 

「特製ナポリタン」1400円

フライパンでソーセージ、玉ねぎ、ハムを炒める

ピーマン、山芋を加え、特製トマトソース、ケチャップで味付け

そこに入れるのが柿

程よく熟した柿がソースに溶け、甘みがコクに変わる

茹で上げたパスタを加え絡める

仕上げにパルメザンチーズをかけ完成

 

「タコの煮込みのトマトソーススパゲッティ」1400円

(222)

くみっきー 行きつけの店

 

●ミシュラン一つ星の隠れ家そば屋

 

・玉笑(たまわらい):東京都渋谷区神宮前5-23-3

表参道裏手にある隠れ家的そば屋

 

 

他にも津川雅彦や寺門ジモンは、オープン当初から通っている

 

2013年から3年連続でミシュラン一つ星を獲得

 

店主は三重県のそば屋の三代目

地下にある仕込み部屋で店主自ら

石臼でそばを実を挽き、そばを打っている

 

国産のそば粉を粗めに挽いた香り高いそばが評判

 

 

人気は「熱もりせいろそば」1000円

卵につけていただくせいろそば

生卵をよく溶き、薬味とかつおダシのつけ汁を入れる

そばは冷たいままより熱を加えた方がより香りが引き立つ

 

「とうふそば」1600円

「粗挽きせいろ」1000円

(452)

●伝説のスターらが愛した名店

 

・キッチン・ボン:東京都渋谷区恵比寿西1-3-11

昭和30年 創業の洋食店

 

店内には黒澤明監督から頂いたガラスのカエル、

石原裕次郎のサイン、美空ひばりから贈られた時計が飾られている

 

長嶋一茂は父:茂雄に連れて来られ以来、40年以上通っている

 

中村吉右衛門、さだまさし、市村正親、森進一、

津川雅彦などの有名人が通い続けている

 

ロシアの郷土料理「ボルシチ」1500円

トマトベースの特製スープは継ぎ足すこと50年

ブイヨンで3時間も煮込んだ牛バラ肉、北海道産のジャガイモ

生クリームで酸味を和らげて完成

美空ひばりも愛した究極の一品

 

長嶋茂雄の大好物が「ステーキ」8400円

山形県産高級内もも肉を使ったビーフステーキ

焼く前に叩いて肉の繊維を壊すことで柔らかく仕上がる

バターと隠し味にすりおろしたニンニクを使用

 

「ハヤシライス」2900円

10日間煮込んで作る自家製ソースが絶品

 

店の常連だった大塚食品の関係者がこの店のカレーが大好物で、

新商品のレトルトカレーに「ボンカレー」と名付けた

(974)

スポンサード リンク