「菜館wong」の食べるラー油

森公美子 行きつけの店

 

・菜館wong:京都府京都市右京区太秦堀ケ内町32-2

本場 香港の広東料理が味わえる中華料理店

 

「ごま担々麺」

炒ったごまに熱々の自家製ネギ油をかけ、香りとコクを引き出す

そこに甘めの自家製ラー油、鶏がらスープを加えたスープ

 

自慢の「香港粥」750円

様々なダシが香る香港粥に付け合わせるのが、食べるラー油

 

中山忍のお気に入りが、「食べるラー油」

この店が食べるラー油の発祥と言われている

唐辛子とニンニクをじっくり4日間熟成させる

深みのある辛さと旨みが堪らない一品

この味を求めて、仲間由紀恵や水谷豊、田山涼成も通っているという 通販はなく、店に来た客のみ1瓶750円で購入可能

 

(385)

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

スポンサード リンク