「魚河岸 鮨文」の真穴子

さかなクン 行きつけの店

 

・魚河岸 鮨文:豊洲市場

創業は、江戸末期

日本橋にあった魚市場で寿司の屋台を開業

1935年、築地市場の上内に店を構え、

豊洲市場の開場とともに店を移転した

 

さかなクンは、15年前から通い続けている

店の壁の絵は、さかなクンが15時間かけて描いた

 

1

 

タレが美味すぎると評判の「真穴子の握り」

ハマグリやアワビのエキスを水分が無くなるまで

煮詰めた180年間継ぎ足しのタレが絶品 (0)

スポンサード リンク
スポンサード リンク