天ぷら、唐揚げなど揚げ物全般」カテゴリーアーカイブ

ブリリアン コージ 行きつけの店

 

・イマカツ六本木本店:東京都港区六本木4-12-5

六本木にあるトンカツ専門店

 

ラードと牛脂を配合した油で揚げるロースカツは、

ミシュラン東京2015に掲載された

 

コージのお気に入りが

「名物ささみかつ膳」1100円

岩手県の地鶏 奥の都どりを使用

通常よりもキメが細かいパン粉で揚げることで、ふわふわに

油の香りを楽しむために塩が勧められる

(23)

スポンサード リンク

dancyu編集長 植野広生オススメの店

 

・とんかつ まさむね:東京都港区赤坂2-8-19

トンカツとカツカレーが絶品の店

 

植野によると、両方がこれだけ美味しいレベルの店はなかなかない

 

キメ細かく上品な美味しさの和豚もちぶたを使用

米油を中心に軽やかな植物性油のみで揚げている

 

 

「上ロースかつ定食」

植野は、まずそのまま食べる

衣を軽やかにいただくために肉の断面に塩をかけて食べる

ソースも同様、肉の断面にかけて食べる

 

「まさむねカツカレー」

植野いわく、見事なバランス

そもそも店主は、カレー店を開きたかったくらいカレーマニア

(18)

風間俊介 行きつけの店

 

・串揚げ 一喝:東京都江東区亀戸5-3-9

亀戸駅北口から徒歩5分

 

 

風間のお気に入りが、「子持昆布串」

 

風間が〆で注文するのが、

「おぶ漬け」500円

大阪の名店から仕入れる塩昆布をご飯に乗せて、

ほうじ茶をかけて食べる関西定番のお茶漬け

風間は余った串揚げを乗せて一緒に食べているという

 

「かにのキス巻き串」

かにの身をキスで巻き、アルミホイルで包んで素揚げしたひと串

(32)

三浦春馬 行きつけの店

 

・とん八亭:東京都台東区上野4-3-4

アメ横近くにあるとんかつ店

 

三浦いわく、お店の内装は

特別何かがあるわけじゃないけど、出てくるロース、ヒレ、格別です

 

1

「ロースかつ定食」

分厚く切った豚ロースを叩いて、

脂には火が通るように隠し包丁を施し、揚げた一品

テーブルには、とんかつソース、ウスターソース、

岩塩、醤油、マスタードが並ぶ

三浦は、醤油を好んでかけるという

(13)

神保悟志 とっておきの差し入れ

 

・とんかつ光むら:東京都渋谷区本町2-32-1

 

 

「カツサンド」1200円

神保いわく、絶妙なサイズ感、お肉の美味しさ、

パンの良さ、ソースのハーモニー、ここ最高です

 

群馬県産のもちぶたを使用

女優も食べやすいサイズ

キャベツなど余計なものが入っていない、カツとパンだけ

(30)

スポンサード リンク