木梨憲武 行きつけの店

 

・旨焼もぐり:東京都港区南麻布4-14-3

天現寺にある豚焼肉店

 

勝俣州和など数多くの芸能人に愛されている

 

1

 

茨木県産の「豚のシャトーブリアン」

スタッフが中心温度70度をキープしながら焼いてくれる

 

木梨は、店から提案されるタレを無視して常にからし醤油 (8)

スポンサード リンク

大久保佳代子 いとうあさこ 行きつけの店

 

・やきとり児玉:東京都世田谷区池尻1-11-12

世田谷公園近くにある焼き鳥屋

 

新潟県出身の店主のこだわりで、

鶏肉は全て新潟の地鶏を使用

「一串」300円~

毎日店で作られる「自家製プリン」450円

これだけを買いに来る客がいるほどの人気

 

1

 

大久保オススメが「キンカントリュフ」

成長途中の卵キンカンの黄身を特製の出汁に漬けて一晩 (5)

三浦春馬が忘れられない店

 

・カリー軒:北海道札幌市豊平区月寒中央通2丁目1−16

札幌にある洋食店

 

大泉洋が所属するチームナックス、

岸谷五朗、寺脇康文は、古くから足繁く通っている

 

1

 

「ハンバーグ」

注文が入ってから種を作る

平たい大判に形成し、焼き上げ、

自家製デミグラスソースをかけた一品

三浦によると、ハンバーグを切るとナイアガラの滝のように肉汁が滴り出てくる (24)

三浦春馬 行きつけの店

 

・とん八亭:東京都台東区上野4-3-4

アメ横近くにあるとんかつ店

 

三浦いわく、お店の内装は

特別何かがあるわけじゃないけど、出てくるロース、ヒレ、格別です

 

1

「ロースかつ定食」

分厚く切った豚ロースを叩いて、

脂には火が通るように隠し包丁を施し、揚げた一品

テーブルには、とんかつソース、ウスターソース、

岩塩、醤油、マスタードが並ぶ

三浦は、醤油を好んでかけるという (8)

夏川りみ 行きつけの店

 

・月ぬ美しゃ(つきぬかいしゃ):東京都世田谷区駒沢5-15-3

駒沢にある沖縄料理専門店

 

店内の壁には、夏川りみ、BEGIN、MONGOL800のサインが

 

1

夏川のお気に入りが「八重山そば」

石垣島から取り寄せた丸麺を使用

豚の三枚肉、かまぼこだけのシンプルなトッピング

夏川いわく、本場より美味しい (8)

スポンサード リンク