Tag Archives: 林家正蔵

林修 行きつけの店

 

・みの家:東京都江東区森下2-19-9

創業122年、さくら鍋の名店

 

古今亭志ん朝が常連だったこともあり、

立川談志、桂歌丸、林家正蔵など落語家が通うように

 

「さくら鍋」

使用する馬肉は、青森県産の食用馬

2~3週間 熟成させて旨味を最大限に引き出す

鍋の具材は、馬肉、お麩、しらたき、ねぎだけ

馬肉に合わせるのは、秘伝の合わせ味噌

通常の倍以上の米麹で作る江戸甘味噌がベース

そこに昆布とカツオ節がたっぷり入った割り下を注ぐ

せっかちな江戸っ子のために鍋を浅くしている

濃厚な味噌味の馬肉を溶き卵にくぐらせていただく

具材が少なくなると、溶き卵を鍋に入れて、火にかける

煮立つとご飯にかけて〆にする (9)

スポンサード リンク

林家正蔵 行きつけの店

 

・あづま:東京都台東区浅草3丁目10−6

昭和48年創業、町の中華料理店

 

 

林家三平、尾崎紀世彦、古今亭志ん朝、

柳家小さんなど数多くの著名人に愛されてきた

 

名物は「純レバ炒め」

 

 

「ラーメン」650円

チャーシューともやしだけの最小限の具材

化学調味料は一切入っていない

豚ガラ、鶏ガラを使用したスープ

40年以上継ぎ足した秘伝の醤油ダレ

そして柳麵と称される細ストレート麺

「今 東京で一番美味いラーメンはここ」と一風堂の店主が絶賛するほど (33)

林家正蔵 行きつけの店

 

・グリル ビクトリヤ:東京都台東区根岸3-12-18

鶯谷駅から徒歩3分

1965年 創業の老舗洋食店

 

「ハンバーグとチキンカツランチ」1000円

挽きたての国産の牛と豚の合挽を使用

牛すじと野菜をトマトピューレで

煮込んだデミグラスソースは、1か月ねかせてる

添えられるのは、キャベツの千切りとポテトサラダ

 

 

「豚ヒレのしょうが焼き」1100円

みのもんた に「日本一の生姜焼き」と言わしめた一品

塩コショウで下味をつけた豚ヒレ肉に小麦粉をまぶし焼く

生姜10g、醤油 大さじ2、ブイヨン30ccで味付け (113)

林家正蔵 林家三平 行きつけの店

 

・絵馬堂:東京都台東区谷中7-6-6

決まったメニューはなく店主が

毎朝 仕入れた食材で料理を作る

 

「イワシの刺身」1080円

脂の乗ったイワシで作る刺身は、

薄切りして てっさの如く盛り付ける

 

「のどぐろの煮付け」12960円

生姜、醤油、酒、みりんで煮付けた一品

 

そして「ちゃんこ鍋」3780円

フグ、鱧、ホタテ、エビ、甘鯛、ハマグリ、

鱈、トコブシなど豪華な具材をふんだんに使った鍋

野菜やきのこ、とろろを加えた自家製つくね、

最後にズワイガニを盛りつけて完成

昆布だしと醤油ベースの汁

ゴマを擦った器でいただく (131)

林家正蔵 行きつけの店

 

・香妃園:港区六本木3-8-15

丸鶏のスープの元祖ともいうべき店

 

久本雅美、クリスタル ケイなど多くの芸能人が足を運ぶ

林家正蔵は家族で通っている

 

「鶏煮みそば」1300円

コラーゲンたっぷりの鶏ガラベースのスープ

卵白を練り込んだ伸びにくい特注麺を使用

 

カレー

 

「ポークカレーライス」1000円 (452)

スポンサード リンク