大竹しのぶ 行きつけの店

 

・鮨幸:東京都目黒区自由が丘2-18-14

多くの著名人が訪れるすし屋

 

 

息子の二千翔が小学校1年生のときのママ友が経営

25年来の付き合い

この店の30周年のときには、

王貞治、青木功、坂本冬美が駆けつけた

 

これまで大竹は3回もバイトに入ったことも (1)

スポンサード リンク

・バターフィールド:東京都目黒区自由が丘2-16-19

古き良きアメリカを再現したアメリカンダイナー

 

三宅裕司は、劇団仲間や家族とよく訪れている

 

大竹しのぶは、IMALUが小学生の頃から通っている

ママ友のすし屋が目の前にあり、よく来るようになった

壁にはIMALUがアメリカで買ってきた

アンティークポスターが貼られており、

その裏には、明石家さんまや大竹しのぶ、

IMALUなどのサインが書かれている

 

 

大竹が必ず注文するのが「ドーナツアイス」540円

熱々のドーナツの上にアイスを乗せた一品

メイプルシロップをかけて頂く (1)

高橋英樹 行きつけの店

 

・大和屋敷:奈良県御所市大字西寺田128

 

 

「極上 味の蔵」890円

海老やホタテのダシで餅米:佐賀産ひよくもちを炒め、

海老は香川産、ホタテは北海道産と産地を厳選

埼玉産スーパーゴールデンポークを使用

 

竹の皮で炒めた餅米と具材を包み、20分蒸しあげる 「肉ちまき」580円

「特選海鮮ちまき」580円 (9)

三田佳子 行きつけの店

 

・西洋料理 島:東京都中央区日本橋3−5−12

知る人ぞ知る洋食の名店

 

「牛ステーキサンド」時価

黒毛和牛のヒレ300gを使用

シンプルに塩コショウだけで焼き上げる

厚切りの食パンをトーストし、粒マスタード、

レモンやホースラディッシュが

入った自家製カクテルソースを塗り、

サンドして切り分けた一品

 

客の要望により誕生したという (11)

森昌子 行きつけの店

 

・Grappolo(グラッポロ):東京都港区 白金台4-9-18

ミシュランのビブグルマンに掲載された名店

 

自家製パスタが森のお気に入り

「サラダヴォーノ」1700円

赤玉ねぎと赤パプリカと白バルサミコ酢の赤のドレッシング

ピンクグレープフルーツとレモンと

オリーブオイルの白のドレッシングの2種類からチョイス

 

 

「手長海老トマトクリームのパッパルデッレ」2500円

新鮮な手長エビに特製のトマトクリームを混ぜ、

平打ちの麺に絡めた一品

 

 

「サルデーニャ産ペコリーノチーズのニョッキ」2000円 (19)

スポンサード リンク