Category Archives: 洋食・ビストロなど

竜星涼 行きつけの店

 

・洋食 三浦亭:東京都練馬区関町北2-33-8

練馬区の武蔵関にある洋食屋

 

30年以上東京の洋食屋を転々と渡り歩き、

2003年に独立して この店をオープンさせた

 

1

 

「オムライス」1050円

ケチャップは、ホール缶を加えた自家製ソース

最もこだわっているのが、デミグラスソース

牛すじや香味野菜など6種類を煮込んで3週間かかる

竜星いわく「週に2回食べても全く飽きない」という (16)

スポンサード リンク

三浦春馬が忘れられない店

 

・カリー軒:北海道札幌市豊平区月寒中央通2丁目1−16

札幌にある洋食店

 

大泉洋が所属するチームナックス、

岸谷五朗、寺脇康文は、古くから足繁く通っている

 

1

 

「ハンバーグ」

注文が入ってから種を作る

平たい大判に形成し、焼き上げ、

自家製デミグラスソースをかけた一品

三浦によると、ハンバーグを切るとナイアガラの滝のように肉汁が滴り出てくる (35)

寺門ジモン 行きつけの店

 

・リトル リマ:東京都港区南青山5-12-2

鉄板焼きの名店

 

「じゃがいものロスティ風」

鉄板の上でじゃがいもを押しつぶし、

まずヘラで削って提供される

バターとチーズを加えて円に成形し

スイスの郷土料理ロスティのように焼き上げた一品

 

「神戸牛 熟成ヒレステーキ&サーロインステーキ」

上下の表面の焼き加減を変えている

 

〆は「焼き飯&みそ汁」

神戸牛の熟成ステーキの脂身を鉄板で熱し、

野沢菜とご飯を加えて炒め、

真ん中にあけた穴にバターと醤油を加えて、

焼ながら混ぜ合わせた一品

 

ランチの「ハンバーグ」はリーズナブルにいただける (18)

市川紗椰 オススメの店

 

・ハンバーグ専門店 ガーベラ:三重県四日市市城東町17-3

ご飯がすすむハンバーグを研究するハンバーグ専門店

 

 

「オリジナルデミチーズ ハンバーグ」1200円

モッツァレラチーズとチェダーチーズが重なって乗っている

肉を切ると肉汁が噴出する

 

あふれ出る肉汁の秘密は、新鮮さ

地元四日市の畜産農家から毎日仕入れる肉を、

その日のうちに調理している (30)

市川紗椰 オススメの店

 

・炭焼ハンバーグ 牛船:佐賀県鳥栖市蔵上2-121

遠方から客が訪れるハンバーグ店

 

 

「炭焼ハンバーグ」3002円

つなぎ無し佐賀牛100%を使用

最高級の備長炭で表面を焼き上げ、

熱々の鉄板で提供される

市川のオススメは、わさびだけで食べる (64)

スポンサード リンク