ビートたけし」タグアーカイブ

志村けん 行きつけの店

 

・根ぎし 玉勝:東京都台東区根岸3-2-12

1958年創業、鶯谷にあるちゃんこ鍋屋

 

他にもビートたけし、とんねるずなど多くの著名人が通う

現役の王貞治が常連だった

 

 

「ちゃんこ鍋」

白菜、ごぼう、ニンジン、小松菜、豆腐、

そして福島県産の伊達鶏で覆う

伊達鶏を調味料を使わずに15時間煮込んだスープを注ぎ、

さらに一番ニラ、小松菜、ほうれん草、春菊の山盛り

 

特徴が、つけダレ

刻みネギ、青海苔、一味唐辛子、

卵黄が入った醤油ベースのタレにつけていただく

(794)

スポンサード リンク

長嶋一茂 行きつけの店

 

・キャンティ:東京都港区麻布台3-1-7

1960年創業の老舗イタリアン

 

三島由紀夫やビートたけし、見城徹、伊藤蘭など各界の著名人に愛される名店

 

 

看板メニューの一つが「仔牛のカツレツ ミラノ風」

仔牛のロース肉を薄く叩き伸ばし、

パルメザンチーズを混ぜたパン粉につけて揚げた一品

サクサクした衣に包まれた仔牛は絶品

 

裏メニューのカレーにカツレツを乗せて食べるのが一茂流

 

 

(86)

立川談志が愛した中華料理

 

・銀座 東生園:中央区銀座6-2-7

 

立川談志や上岡龍太郎、ビートたけしなど

数多くの著名人が足を運んだバー美弥に出前を注文していた店

 

立川談志が必ず注文したメニューが、

「餃子」「炒飯」「五目あんかけ焼きそば」

 

 

自家製の皮に餡をしっかりと入れた大振りの餃子

餃子にタレを付けないで食べるのが談志流

 

鶏ガラ出汁が効いた炒飯は、この味を求めて来る常連客も多数

(156)

●ビートたけしが絶賛するチキンカツサンド

 

・nemo(ネモ):東京都品川区小山4-3-12

都内の名だたる名店でベーカリーシェフを務めた根本孝幸の店

素材にこだわり全て手作りで作られたパンが頂ける

 

「バゲット」と「クロワッサン」は、

本場フランスにも負けない味と評判

 

 

ビートたけしが絶賛する「チキンカツサンド」650円

通常の8倍も発酵時間を長くしたパンは、モチモチのふわふわ

最もサンドイッチに合うチキンを探し求め、

この青森県産 津軽鶏に行き着いた

脂のジューシーさと肉の旨味、柔らかさを兼ね備えている

自家製ソース、特製タルタルソース、キャベツと一緒にサンド

1日限定 20食

(134)

黒毛和牛を贅沢に使ったカレーパン

 

・東京浅草 豊福:東京都台東区浅草2-3-4

浅草にあるカレーパン専門店

 

 

店主:乃美真之氏が一人で仕込んでいるので

多くても1日800個しか提供できない

 

ビートたけし、きゃりーぱみゅぱみゅ、北島康介、池田勇太など

多くの有名人も差し入れで利用する

 

「黒毛和牛カレーパン」290円

10種類以上のスパイスをブレンドした欧風カレー

国産の黒毛和牛のもも肉やばら肉を赤ワインなどでじっくり煮込む

カレーやパンの生地は甘めに作られている

(254)

スポンサード リンク