IKKO」タグアーカイブ

IKKO 行きつけの店

 

・プロカンジャンケジャン:東京都港区赤坂3-11-7

 

韓国ソウルの本店には、ぺ・ヨンジュン、チェ・ジウ、

イ・ビョンホン、チャン・グンソクなど名だたるスターが訪れる

 

指原莉乃がフワちゃんと通っている

 

「カンジャンケジャン」1杯4280円

韓国産ワタリガニを醤油ダレに漬け込んだ一品

カニの肉、味噌、卵の濃厚な旨味が味わえる

カンジャンケジャンにヤンニャムを合わせ、

ご飯にかけビビンバに

(72)

スポンサード リンク

IKKO 行きつけの店

 

・韓国焼肉・家庭料理 ソウル:東京都台東区東上野2-15-2

上野コリアンタウンの一角にある韓国料理店

 

「プデチゲ」3780円

丁寧に牛骨から1日半かけてとった濃厚なスープをベースに

野菜、キムチ、ソーセージ類を辛いスープで煮て

インスタント麺を食べる大衆的な鍋

辛ラーメンのスープの素をかけるのがIKKO流

(88)

ウチくる!?で紹介

 

IKKO 行きつけの店

●築地の一番札のウニの握り

・銀座 鮨一:中央区銀座3-4-4

裏通りに佇む江戸前寿司の店

 

寿司大好きなIKKOが足繁く通う

 

上質な食材を丁寧は職人技で仕込み握ってくれる

 

大間産の「マグロの握り」一貫3150円

大トロと中トロの間の希少部位「霜降り」

鮪の旨味と程よい脂のバランスが絶妙

 

軍艦ではなく「一番雲丹握り」一貫3670円

築地でその日一番値の張った一番札の最高級品を使用

北海道産のムラサキウニが口の中でとろけ甘さが広がる

(1070)

ウチくる!?で紹介

IKKO 行きつけの店

 

●食感が堪らないスフレのようなチヂミ

・けなりぃ銀座本店:中央区銀座5-11-13

美と健康をテーマにした韓国料理店

 

「スコヴィル鉄板鍋」1764円

ホルモン、サムギョプサル、たっぷりの野菜

コチュジャンやXO醤などのピリッと辛いスープ

 

食感が堪らない「スフレジョン」1418円

 

スフレのようにふわふわとしたチヂミ

山芋たっぷりの生地を使用

薄く焼いたチヂミを細かく刻んでから型に入れる

そこへ生卵とチーズを閉じ込めて焼き上げた一品

韓国味噌をブレンドした特製ソースをかけて頂く

(422)

ウチくる!?で紹介

 

IKKO 行きつけの店

●熟成肉のモダンフレンチ

・Tableaux(タブローズ):渋谷区猿楽町11-6

重厚で優美な空間の老舗レストラン

フレンチをベースにオリジナルのアレンジを加えた料理が頂ける

10年近くも通い続けているという

 

「ドライエイジドビーフステーキサーロイン」4800円

55日間 熟成させて旨味を最大限に引き出す

肉の表面を炭火で焼きめを付けた後、

オーブンでじっくり焼く事で歯ごたえと柔らかさが増す

 

「バーニャカウダ」1800円

ミネラルを多く含む能登半島で育った赤土野菜を中心に使用

アンチョビとニンニクの効いたソースで頂く

(360)

スポンサード リンク