Category Archives: 寿司、割烹、懐石、会席料理

清塚信也 行きつけの店

 

・鈴政:東京都千代田区麹町4-7-5

 

1

清塚のお気に入りが「のどぐろの塩焼き」

山形県庄内産のどぐろを遠火でじっくりと焼き上げた一品

一人一尾 提供される

 

「バフンうにの握り」

北海道産 バフンウニを握り、ハワイ産の塩を振った一品

握りは柔らかいので店主から手渡される (1)

スポンサード リンク

さかなクン 行きつけの店

 

・魚河岸 鮨文:豊洲市場

創業は、江戸末期

日本橋にあった魚市場で寿司の屋台を開業

1935年、築地市場の上内に店を構え、

豊洲市場の開場とともに店を移転した

 

さかなクンは、15年前から通い続けている

店の壁の絵は、さかなクンが15時間かけて描いた

 

1

 

タレが美味すぎると評判の「真穴子の握り」

ハマグリやアワビのエキスを水分が無くなるまで

煮詰めた180年間継ぎ足しのタレが絶品 (7)

太田雄貴 行きつけの店

 

・すぎた:東京都中央区日本橋蛎殻町1-33-6

日本橋蛎殻町にある予約が最も難しい寿司屋

食べログに掲載されている88万軒の頂点に君臨している

 

1

 

基本は、おまかせコースのみ

コースの最初は「イワシの巻物」

酢締めたイワシを海苔に敷き、大葉、あさつき、ガリを入れて巻き上げた一品

 

つまみが続いた後に、握りに入る

「マグロの漬け」

他店と変わっているのが、マグロを二貫分程の大きさに薄く切る

厚く切ると漬けるのに時間を要し、マグロ本来の食感と風味が損なわれるから

マグロを一貫分に折りたたんで握る

 

そして太田が人生最高の一品と称するのが「コハダの握り」 (7)

小藪千豊 行きつけの店

 

・浪速割烹 㐂川:大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-7

道頓堀 法善寺横丁にある日本料理店

 

1

 

フレンチの経験がある店主は、独自の浪速割烹を確立

 

中尾彬、池波志乃夫婦も行きつけ

 

「金目鯛と車海老の炭火焼 夏蕪 蓼葉 蓼の乳化垂れ」 (12)

スポンサード リンク