小泉純一郎」タグアーカイブ

東山紀之 行きつけの店

 

・鍵善良房:京都市東山区祇園町北側264

創業は、江戸時代の享保年間

 

東山のお気に入りが「甘露竹」360円

青竹の筒の中に水羊羹を詰めた夏限定の人気和菓子

 

東山が初めて京都で撮影したとき、

スタッフが差し入れてくれたのが、出会いのきっかけ

 

林修は基本的に行列には並ばない

行列に並ぶのは、日本に2店舗のみ、その1店舗がこの店だという

小泉純一郎、周防正行、草刈民代、中村芝翫、長嶋一茂も足しげく通っている

 

「くずきり」1000円

透き通る作りたてを提供してくれる

5分、10分で徐々に白くなっていき、食感が損なわれていく

奈良県産の最高級のくず粉を水で溶かし、

デンプン質だけを残すために熱湯で温める

鍋を回転させて、くずの厚さを一定にし、

くずきりを透明にするため、鍋ごとお湯の中に6秒ほど入れる

すぐに7℃の冷水で15秒冷やして完成

くず粉を溶かしてから、1分30秒、新鮮な状態で提供される

(166)

スポンサード リンク

●田中角栄や森光子も愛した海鮮天ぷら

 

・お座敷 天婦羅 天政:丸の内ビルディング

 

 

昭和天皇に初めて毒見なしで天ぷらを献上した名店

 

創業者:橋井政二の神田猿楽町時代には、田中角栄、

森光子、小泉純一郎、芳村真理など数多くの著名人に愛された

 

現在、三代目が腕を振るっている

 

「貝類の天ぷら4点盛り」12500円

北海道から空輸されたバフンウニ、ホタテ、

富山県産の岩牡蠣、千葉県産のアワビ

季節で変え調合を変える秘伝の油で揚げる

ミディアムレアに仕上げクリーミーさを残す

特製の塩麹につけていただく

(364)

大竹まこと 行きつけの店

 

・ギタロー:東京都港区赤坂7-10-7

ピッツァと店名の由来でもある長野県産 儀太郎軍鶏を使った料理が自慢

 

元首相:小泉純一郎など多くの有名人も足繁く通っている

大竹は、多い時には週に1回は来るという

 

「サラーメシャンポピニオン」2800円

イタリアから直輸入しているサラミの塩気が味の引き立て役

 

リーズナブルなランチも人気

「パスタランチ」1000円

 

「ピッツァランチ」1100円

 

「儀太郎軍鶏のランチ」1800円

(219)

ヒルナンデス!で紹介

 

イタリアンの巨匠:落合シェフが2014年 最も感動した料理

 

●至高の鯛茶漬け

・赤坂 津やま:東京都港区赤坂2-14-7

静かにたたずむ隠れ家割烹

 

 

小泉純一郎、安倍晋三など政財界の大物も足繁く通う名店

 

店のイチオシは

「エビ芋と海老しんじょうの菊花餡かけ」2160円

静岡県磐田産の海老芋と団子状にした芝エビを揚げ、

菊の花びらが入った美しい餡をかけた一品

 

落合シェフ オススメの「鯛茶漬け」3240円

兵庫県淡路島産の天然鯛を使用

梅干を少量入れる事で

胡麻ダレをサッパリとし鯛の甘さを引き立てる

(1023)

芸能人 行きつけの店

 

・ピッツェリア エ トラットリア ダ イーサ

住所:目黒区青葉台1-28-9

本場仕込みのイタリアンが味わえる人気のお店

 

シェフ:山本尚徳氏は本場イタリアで数々の賞を受賞

 

小泉元首相、ザッケローニ元監督、葉加瀬太郎、テリー伊藤

キャイ~ン天野、市村正親など数多くの著名人に愛されるお店

 

「インクロスタ」2900円

アルデンテより硬めに茹で揚げ、

魚介ダシたっぷりのパスタをピザ生地で包み込む

イタリアから取り寄せた本場の窯で1分程度 焼き上げる

 

 

「マルゲリータ」1650円

生地を伸ばして静岡県産のバジル、トマトソース、

ナポリから直送するモッツァレラチーズ、

エキストラバージンオイルを盛り、窯に入れて1分

 

「ピッツァ フリッタ ダ エネ」2100円

ナポリの庶民的な揚げピザ

リコッタチーズ、モッツァレラチーズ、チコリ(揚げ豚)、

スモークチーズを生地で包み揚げた一品

(617)

スポンサード リンク