春風亭小朝」タグアーカイブ

ジャネーノ!で紹介

春風亭小朝の差し入れ

 

●わざわざ買い行く価値ありの杏仁豆腐

 

・四川料理 開化亭:岐阜県岐阜市鷹見町25-2

全国から中華の有名シェフが食べにくる名店

 

「杏仁豆腐」600円

全国の食通を虜にする一品

 

寒天は国産を使用

絶妙なとろける食感を生むため、

天秤を使いミリ単位の計量をする

 

その寒天を杏仁に合わせ、

隠し味に加えるのが、アーモンドリキュール

 

この店にしかない風味を出す

(1069)

スポンサード リンク

ジャネーノ!で紹介

 

春風亭小朝の差し入れ

●究極のリブロース弁当

 

・黒毛和牛専門店ミートショップ ヒロ

住所:京都府京都市中京区壬生朱雀町 2-10

 

三条会商店街の中間あたりに位置する黒毛和牛専門店の精肉店

和牛の精肉だけでなく店頭で弁当販売している

 

 

イチオシが「リブロースの姿焼き弁当」1500円

業界内で圧倒的人気

黒毛和牛A5ランクのリブロースを2枚

鉄板でサッと焼き、醤油ベースにリンゴを加えた特製ダレを絡める

(527)

春風亭小朝 行きつけの店

 

●明治創業の老舗洋食屋

 

・ぽん多本家:台東区上野3-23-3

明治時代から4代も続く老舗の洋食屋

 

作家 川端康成、池波正太郎、白洲次郎、歴代の総理大臣が愛した名店

 

あの菰田欣也シェフも通っている

 

名物の「カツレツ」2700円

日本人の舌にあう様々な洋食メニューが食べられる

 

「アワビバタヤキ」時価

小朝が時期(4月~9月)になると必ず食べに来る

薄くスライスしたアワビ

バターとオリジナルソースで炒めた一品

 

「タンシチュー」4320円

4時間半煮込んだトロトロのタン

(570)

ぴったんこカン★カンで紹介

 

春風亭小朝 行きつけの中華料理店

 

・CHEF’S(シェフス):新宿区新宿1-24-1

 

中華料理店とは思えない洋風な外観

 

「チャーシュー」1600円

甘辛の醤油と八角が効いて、驚くほど柔らかい

 

「黄ニラカ干糸炒め」2300円

干した豆腐を肉に見立てたヘルシーな一品

 

小朝の大好物が「車海老チリソース炒め」2000円

大きな車海老を使い、味付けは ほぼ海老の味噌だけ

余ったタレにご飯を入れて食べるのがCHEF’S流

(343)

●春風亭小朝 行きつけの店

 

・中華日和:東京都世田谷区経堂4-6-2

 

銀座の一流料理店で14年修業を積んだ店主が、

自分の創作料理が作りたいと小さな店を開業

 

「カニあんかけチャーハン」900円

卵とネギだけのチャーハンはあえて味を薄めに

濃厚なズワイガニの餡をかけて完成

 

「アサリと青のりのつゆそば」850円

鶏がらスープにアサリ、浜名湖産の生青のりで作ったスープ

 

「四川風 麻婆豆腐」850円

本場の味付けにこだわった自慢の一品

 

 

「フレッシュトマトとハーブのつゆそば」

湯むきした桃太郎トマトを鶏がらスープに漬け込む

さらに冷蔵庫に漬け置くこと4日間

(690)

スポンサード リンク